「CAFE’&SHOP」和仁の蔵 1月18日~2月8日まで臨時休業いたします

岐阜県の緊急事態宣言により、

1月18日(月)~2月8日(月)まで臨時休業いたします。

2月9日(火)以降につきましては、期間延長の要請があれば、それに準じます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

「米・食味分析鑑定コンクール国際大会 入賞報告会」

昨日、12月23日(水)高山市冬頭町「飛騨地域農業管理センター」で報告会があり、飛騨地域産21点の受賞者が一同に集まりました。

米コン金賞受賞報告

今回、和仁農園の堆肥をはじめ農法の支援をさせていただいた白川村も金賞に輝き、本当に嬉しく感じております。これまで培ってきたものが確かなモノで、さらに地域のお役に立てるような使命感に燃えています。

 

和仁松男社長・平田昌英

午後からは、飛騨市長に受賞の報告をし、「土づくり」や「品質管理」、大変だったことなどを振り返りお話しさせていただきました。

都竹市長から「市で組織編成して支援したい」と心強いお言葉をいただき、これからも「感動するほどおいしいお米づくり」を目指し、精進していきたいと思います。

「建設会社母体に中山間地で大規模経営」と題し、日本農業新聞に掲載されました。

2020年12月7日、本日の日本農業新聞に農業に異業種から参入した経緯を丁寧に記載していただきました。

耕作放棄地が増えていくことに危機感を持ち、「農地を守ることは地域の環境を守ること。それが古里を守ることになる。」という信念から、農業を続けて参りました。

その結果、「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」において6年連続で、金賞受賞がいただけるようになりました。

励ましていただいた方々の温かいお言葉を胸に、当初の農業参入の目的=“初心”を忘れることなくこれからも精一杯努力していきたいと思いますので、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本農業新聞掲載記事

第22回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 6年連続金賞受賞

米・食味分析鑑定コンクール

11月28日(土)開催されました「第22回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(主催:米食味鑑定士協会)において、

コシヒカリ「黄金の煌き(きらめき)」が金賞を、ミルキークイーン「乙女ごころ」が特別優秀賞を受賞いたしました。

今回で6年連続(通算10回目)の金賞受賞です。

 

このコンクールは、毎年5,000点前後が出品されるわが国最大規模のコンクールで、国際総合部門の金賞は、

毎回20名程度にしか授与されない大変栄誉ある賞です。

 

この素晴らしい賞を6年も連続し受賞できたということは、これまで培ってきた農法と「感動するほどおいしいお米をつくりたい。」という情熱。

そして何より、温かく見守ってくださった地域の皆さまや実際に召し上がっていただいたお客様からの心温まる励ましのお言葉のおかげと感謝いたしております。

 

本当にありがとうございました。

 

これからもこれに甘んじること無く、おいしいお米づくりに励んで参りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

11月6日、伊勢神宮奉納に行って参りました

2012年より毎年新米を伊勢神宮へ奉納させていただいております。

品種は、昨年に続き和仁農園コシヒカリ「黄金の煌き」です。

伊勢神宮奉納米 黄金の煌き

 

今年も良いお米ができました。

早速ご購入いただきましたお客様からも、「とっても美味しい!」と嬉しいお声を届けていただいております。

和仁の蔵でも、伊勢神宮奉納米と同じ「黄金の煌き」を召し上がっていただけます♪

御利益を授かれるかもしれませんネ (´艸`*)

10/22(木)~24(土)1周年感謝祭と新米フェアを同時開催致します!

「和仁の蔵」2019.10.19にOPENしましてから、おかげさまで1年が経過しました。

 

その感謝の気持ちを込めまして、和仁農園のコシヒカリ最高点数の新米をご用意し、その場で精米したものを販売致します。

精米率も三分・五分・七分づきからお選びいただくこともできますので、この機会に栄養たっぷりのぬか層が含まれた「分つき米」をお試し下さい!

お米の魅力をますます感じていただけます(^_-)―★(玄米での販売も有り)

 

なお、この3日間のお食事メニューは「和仁の蔵ランチ」に限らせていただきます。

3種類のお米「コシヒカリ」「ミルキークイーン」「ハツシモ」のミニおにぎりで食べ比べを楽しんでください。

 

カフェタイムには、米粉のケーキセットを通常よりお得なお値段でご用意しております。

 

初めての試みで、不手際が多く、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、

ぜひぜひ皆さまお誘い合わせの上お越し下さいますようお願い申し上げます。

 

新米イベント

雲一つない秋晴れの日

皆さまいかがおすごしですか?

 

こんな天気が良く、気分の良い日に感謝をしつつ、和仁農園の稲刈りもいよいよ佳境に入ってきております。

 

本日はなんと和仁農園の社長(御歳72歳)が自らがコンバインのステアリングを握り、黄金色に彩られた稲穂の海をゴイスケ、ゴイスケと爆走しております。

「えっ!?あの社長さん自ら?・・・大丈夫なの?」

そんな心配のお声もあろうかと存じますが、大丈夫ですよ。

 

・・・最近のコンバインは性能良いですから。

社長の刈り取りサポートに入っている農園のスタッフが通常時の3倍ほど『気を使っている』以外は、全て順調に問題なく穏やかに推移しております。

 

それはさておき、先日まで刈り取っていたのはWCS(ホールクロップサイレージ)という乳牛用のエサや、飼料用米というニワトリのエサなどが主でしたが、現在はいよいよ和仁農園産ブランド米『コシヒカリ黄金の煌き』の刈り取りに勤しんでおります。

いや、自分で言うのもなんですが、今年もデキが良い感じです。

充分胸を張って皆さまにお届けできる『和仁農園品質の米』が収穫できているんじゃないでしょうか。

 

稲の病気にも、害虫被害にも、7月の長雨にも、台風にも、憎きコロナ禍なんかにも負けず、黄金色の稲穂は良い感じに『密』に育っています。

 

まだもう少し稲刈りは残っておりますので、和仁農園自慢の新米を皆さまの元へお届けできるにはもうちょっとお時間をいただきますが、我社の社長も田んぼで握り飯食いながら鋭意収穫を行っておりますので、今しばらく慈愛の心にてお待ち下さい。

 

首を長くして待つ時間というのも、大きな楽しみの一つであるとポジティヴに考えて・・・

次は皆さまの食卓にてお会いしましょう。

 

 

 

 

9月30日(水)本郷小学校の稲刈りが終わりました

今年も高山市上宝町 本郷小学校5・6年生の稲刈りのお手伝いを行いました。

本郷小学校稲刈り

最初は鎌で、けがをしないように慎重に行いました。

とても時間と労力のかかる作業ということが実感出来た様子でした。

本郷小学校稲刈り

そのあと、ひとりずつコンバインの操作を体験してもらい、みるみる籾が収穫される早さにびっくりしている様子でした。

 

今年も静岡県で開催される第22回米・食味鑑定コンクール国際大会に出品する予定とのこと。

とても良い出来なので、今から結果が楽しみです。

本郷小学校稲刈り

 

飼料用米専用「籾摺り装置」製作しました。

飼料用米の稲刈りが終わると、続けて籾摺り作業に入ります。

これまでは、飼料用のお米を手で汲み、籾摺り機に投入していましたが、

その作業を自動化できるよう、材料をホームセンターで調達して製作してみました。

この飼料米は、和仁の蔵でおなじみの「たまごがけごはん」に使用されている「蔵柱玉金の昔ながらの自然養鶏たまご」の親鳥たちも食べるようになります。

美味しいたまごの秘密の一つ!安心安全なエサにもお役に立てるよう、日々努力していきます!

飼料用米籾摺り装置写真

ANAふるさと納税のサイト お米の特集に紹介されました

新米が待ち遠しい時期になりました。

ANAのふるさと納税ポータルサイトにて、「プロが選ぶ返礼品」特集が展開されています。

今回9月の特集は、「味わい豊かで奥深い、特産米の世界」として、

オススメ返礼品10選が五ツ星マイスターの方に実際に食べていただいたコメントともに紹介されています。

その10選の上から5番目に「コシヒカリ 黄金の煌き」と書かれた欄を是非ご覧下さいませ。

新しくしたパッケージにもふれていただいてて感激でした(*^_^*)

ご紹介ページのURLはこちらです↓

https://furusato.ana.co.jp/feature/prorice/2020/09/index.html

 

1 2 3 4 5